BLOG

歯科WEB集患ブログ

知らなかったでは済まされない!歯科医院のホームページで使えないNGワード集

マーケティングコンテンツ

168 ビュー

新たなガイドライン公表

2018年5月、厚生労働省より医療広告について新たなガイドラインが公表されました。ホームページの新規発注をお考えの歯科医院様や、すでにホームページを運用されている歯科医院様は、ホームページや広告で使っている文言・表現・画像について確認する必要があります。

今回は、ガイドラインの概要と共に、使えなくなってしまった文言についてご紹介いたしますので、参考にしていいただければと思います。

ガイドラインが設定された理由

なぜ、医療に関する広告は制限されるのか。以下は、厚生労働省の「医療広告ガイドライン」からの抜粋です。

 

医療は人の生命・身体に関わるサービスであり、不当な広告により受け手側が誘引され、不適当なサービスを受けた場合の被害は、他の分野に比べ著しいこと。

医療は極めて専門性の高いサービスであり、広告の受け手はその文言から提供される実際のサービスの質について事前に判断することが非常に困難であること。

(厚生労働省「医療広告ガイドライン」より)

 

改定された新しい『医療広告ガイドライン』では、これまで対象ではなかった医療機関のホームページに関する規制も盛り込まれました。歯科を含む医療に関する広告は、患者さんの治療選択や受診する医院の選択に役立つ情報であること、事実に基づく客観的な内容であること、事後の検証が可能である必要があります。そのため、医療に関する広告をweb上で出稿する際にも、同様の客観的や正確性に基づいた情報であることが求められるようになりました。

歯科医院が使ってはいけない広告事項

今回追加された新しい『医療広告ガイドライン』では従来の『医療機関ホームページガイドライン』では明確に禁止されていなかった「患者による体験談」と「ビフォー・アフター写真」についての規制が盛り込まれる形で決着しました。虚偽や誇大など、事実とは異なる内容は全て規制の対象になります。

 

(1)患者による体験談

規制された事項の一つに「患者その他の者の主観又は伝聞に基づく体験談を広告してはならないこと」があります。患者さん自身による体験談は主観に基づく効果の評価なので、他の患者さんにも同様の効果があるとは限らないからです。そのため、主観に基づいた体験談をホームページに掲載することは禁止されました。

 

(2)ビフォー・アフター写真

「治療等の内容又は効果について、患者等を誤認させるおそれがある治療等の前又は後の写真等を広告してはならないこと」も規制されることになりました。治療前後の写真やイラストは、それだけだと他の患者さんが誤認するおそれがあるので広告の規制対象になりました。

 

(3)虚偽・誇大な内容

“虚偽の広告”については、罰則付きでより厳しい内容になっています。

ホームページに記載する内容も含め、”誇大な広告”とはガイドラインでは「施設の規模、人員配置、提供する医療の内容等について、事実を不当に誇張して表現し、人を誤認させる広告を意味するもの」と示されています。具体的には「絶対安全です」「最新の治療」「痛くない治療」などが該当するおそれがあります。直接的な表現だけでなく、間接的に医療に関わる表現も罰則や是正命令の対象になりました。

 

(4)比較優良にあたる表現

他と比較して自らの優位性をアピールする表現が不可になりました。「日本有数」「県内1位」「有名人が通う」などの内容は掲載できません。雑誌や新聞で紹介された旨の記載も認められなくなったので、「新聞で紹介されました」や自らの医療機関や勤務医が掲載された雑誌の切り抜きなども使えません。

 

(5)景品表示法

“景品表示法”は、「来院した全員にプレゼント」「無料キャンペーン」のように過大な景品や特典を提供すると思わせる表現、「今だけ〇%オフ!」のように実際の価格よりお得であると思わせる表現を禁止しています。違反が疑われる場合は都道府県による是正措置や罰則の対象になります。医療機関のホームページであれば、記載されることがないよう真っ先に注意するべき項目です。

 

2018年6月1日から効力を持つ『医療広告ガイドライン』は全40ページに及ぶ膨大な資料です。どこから手を付けたらいいのかわからない場合には、まずは上記にリストアップした項目を元にホームページの表現を確認していくことをお勧めいたします。