BLOG

歯科WEB集患ブログ

ホームページ制作は予算に合わせて依頼しよう!知っておきたい相場感と規模感

マーケティングコンテンツWEBツール

155 ビュー

今の時代、歯科医院の集患にホームページは不可欠です。クオリティの高いホームページは、継続的に新規の患者さんを集める効果が期待できます。ただし、クオリティが高ければ高いほど費用もかさんでしまいますので、ホームページの制作を依頼する際には、まず予算を考えておく必要があります。そして、予算感を把握しておくためには、どのくらいの規模でホームページを制作したいのかをイメージしておく必要があります。

ここでは、予算を決めるために知っておきたい「ホームページ制作費の相場」と、集患のために意識しておきたい「ホームページの規模感」についてご紹介します。

ホームページに必要なページ数

ホームページ制作で必要になってくる費用のほとんどが「人件費」です。つまり、ホームページ制作に支払う費用≒人件費と考えておいて間違いないでしょう。ホームページ制作に携わるスタッフは、ディレクターやデザイナー、カメラマン、ライターなど様々な職種に渡っています。ホームページ制作にかかる費用は、制作に携わるこういった全てのスタッフがどれくらいの日数を業務に費やしたかで算出される費用の合算です。

ただし、多くの人が関わる案件であれば、一人一人の作業時間を計算していると費用の計算がとても煩雑になります。ですので、制作会社の多くは「初期費用」や「1ページあたりの単価×ページ数」といったくくりで目安になる金額を設定しています。この基本的な考えは制作会社に共通していますが、会社の規模やクオリティによって、その相場が変わってきます。

 

規模感:1ページのみもしくはランディングページのみ
特 徴:簡易的な内容や、特にアピールしたい情報だけを1ページに詰め込んだサイト
相 場:15万円未満

 

規模感:10ページ以内で、概要をまとめたTOPページからカテゴリーごとに詳細ページへ遷移
特 徴:診療内容ごとに詳細ページを作成するような医療機関向き
相 場:30~50万円

 

規模感:25ページ程度かそれ以上のページで構成され、独自のシステム構築を必要とするもの
特 徴:大病院や公的機関、独自の予約システムや問い合わせフォームなどを備えたサイト
相 場:100万円超

 

歯科医院のホームページで多く見られるのが、この30~50万円のタイプです。では、その制作費の内訳を3社で比較してみましょう。

ホームページ制作費の内訳

◎A社(制作費約20万円+毎月の維持費約5千円)
テンプレートを使って制作することでスタッフの作業時間を軽減。コストは抑えることができるが、似たようなデザインやありきたりな構成になるため、オリジナリティをアピールすることは難しい。打ち合わせや記載内容のやり取りを全てメールで済ませてしまうケースも多いので意思の疎通が図りにくく、結果的に満足できないクオリティになってしまうことも。


◎B社(ページあたりの単価×ページ数=約40万円+毎月の維持費0円)
「1ページあたりの単価×ページ数で」で算出するため、費用が明瞭。予算に合わせたページ構成を依頼できる。歯科医院の実情に通じたディレクターや、ホームページのトレンドを熟知したデザイナーを擁しているので、医院ごとのニーズにあったホームページ制作が期待できる。


◎C社(制作費約130万円+毎月の維持費約1万円)
全国からの集患を目指す規模の医院や病院に必要なクオリティ。独自のオンライン予約システムを構築したり、豊富な診療メニューを紹介したりするために多くのページ数を必要とするホームページ制作。

 

※こちらの制作費はあくまでも目安です。実際にかかる費用は各社に見積もりを依頼し、確認してください。

ホームページの内容や構成が予算のカギ!

大まかな予算の相場をご理解いただいたところで、予算感を決めましょう。必要なページ数が予算を左右することもご理解いただけたと思うので、制作を依頼する際にはおおまかなホームページの内容や構成も考えておかなければいけません。費用はなるべく抑えたいところですが、アクセス情報や診療時間、診療科目などの基本情報だけで終わらせず、院長やスタッフを写真付きで紹介するページも作成して、文字通り”顔が見える”ホームページにするためのページ数は追加したいところ。アクセス情報には住所や最寄り駅などの文字情報だけでなく、Googleマップを挿入したり、独自の地図を作成してもらって掲載しておくと足を運びやすくなります。また、電話番号は表示させるだけでなく、スマホでタップするだけでかけられる仕様で制作してもらえると問い合わせ数や予約獲得数が格段に上がります。

まとめ

ホームページ制作の予算を左右する大きな要素はページ枚数とクオリティです。それぞれメリットやデメリットがあって、相場より高かったり安かったりします。どれくらいの予算をホームページ制作に投資することができるか、どこまでのページ数やクオリティを求めるか。ベストなホームページになるためのちょうどいい着地点を制作会社と共に見つけてください。