BLOG

歯科WEB集患ブログ

歯科医院のスタッフ教育が上手くいく3つのポイントを徹底解説

医院運営

403 ビュー

歯科医院で働くスタッフ教育の仕方は非常に難しいもので、なかなかうまくいかずに頭を悩ませている院長先生も多いことでしょう。

優秀なスタッフとして丁寧に指導することも大切ですが、そのほかにも気持ちよく働いてもらえる環境を整えていなければ、苦労して優秀なスタッフに育ってもすぐ辞める・・・となりかねません。

弊社では、多数の歯科医院様にお伺いしています。そのなかで、スタッフ教育に力を注いでいる歯科医院様を多数お見受けします。この記事では、歯科医院で求められるスタッフ教育のポイントについて詳しく紹介します。

優秀なスタッフと力を合わせて患者に高く評価される歯科医院作りを目指したいと考えている方は必見の内容なのでぜひ参考にしてください。

 

歯科医院スタッフに求められる3つの力と教育方法

歯科医院のスタッフを教育する際には、技術的な面だけではなく患者に対する配慮の仕方などについてもきめ細かい指導を行う必要があります。

具体的にどのようなポイントに気をつけながら教育をするべきなのか、1つずつ確認してみましょう。

 

1. 患者への対応力

歯科医院の院長先生だけでなく、歯科医院で働いているスタッフ全員が心がけるべきなのが患者への対応力です。

とにかく患者ファーストで考えることが大切で、患者が抱えている不安を取り除きながら安心して治療に臨んでもらえる対応をすることが大切です。

たとえば、小さなお子さんが治療を受けようとしている場合、恐怖のあまり泣き叫んだり、暴れたりして治療を受けられるような状態ではなくなるかもしれません。

「痛くないから!怖くないからおとなしくして!」などと、つい声を荒げてしまうと、恐怖心が増して余計にパニック起こしてしまうことも。

しっかり対応できる優秀なスタッフなら、「大丈夫だから安心してね」などと、落ち着いてやさしく語りかけて、あえて「痛い、怖い」と連想させるような言葉かけはしません。

このように、患者の状況に合わせて冷静になって臨機応変に対応をとれるように日頃からスタッフに声がけをしておくことも大切です。

 

2. 治療補助技術力

歯科衛生士や歯科助手は院長先生の治療補助を行いますが、優秀なスタッフは技術力の高さはもちろん、治療器具の準備もぬかりなく行っており、スムーズに治療を行える環境を整えることができます。

技術力の高さについてはスタッフの勤務実績に左右される面もありますが、やはり本人が学ぶ意思を持っていなければ思うように技術力が伸びない面もあります。

先輩スタッフに後輩スタッフへの指導を丸投げするのではなく、院長先生自身も積極的に新人スタッフに技術的な指導を行うことで、モチベーションアップにも繋がりますし、効率良く技術力を高められます。

 

3. 機器の取り扱い

歯科医院によって用意されている医療機器が異なるため、取り扱いに慣れていない新人スタッフは戸惑うことも多いです。

機器の取り扱いに慣れていない状態で患者の治療を担当させるわけにはいかないので、丁寧に取り扱い方を指導することが大切です。

ただし、新人スタッフは機器の取り扱いだけでなく治療補助技術や歯科医院の環境など覚えなければならないことがたくさんあって、難解な機器の取り扱いがうまくできない場合もあります。

取り扱いに慣れてしまった先輩スタッフや院長先生にとっては「こんなこともうまくできないのか・・・」と思われるかもしれませんが、新人スタッフも頑張って仕事に慣れようとしているはずなので、温かい目で見守ってあげてください。

 

歯科医院のスタッフ教育をしながら定着してもらう3つポイントと具体的な方法

優秀なスタッフを育てるためには、患者ファーストの対応力と、適切な治療補助ができる技術力、専門的な医療機器をスムーズに取り扱いできるようになることの3つを視野に入れた教育を行うべきですが、肝心なことは職場に定着してもらうことです。

優秀なスタッフに育ってくれても、何らかの理由で退職されてしまうと今までの苦労が水の泡になってしまいます。

日本歯科衛生士会が行った実態調査でも、勤務先を1回~4回以上変更した経験がある歯科衛生士は7割以上という結果が出ており、歯科医院スタッフの離職率が高い問題点が浮き彫りになっています。[注1]

優秀なスタッフになってもらうべく教育しながら、長く働いてもらえる環境を整えるためにはどうするべきなのか確認してみましょう。

[注1]日本歯科衛生士会:歯科衛生士の勤務実態調査(平成27年)

https://www.jdha.or.jp/pdf/aboutdh/h27-dh_hokoku.pdf

 

1. スタッフ研修の実施

よりよい歯科医院作りを目指すためには、技術力を高めることはもちろんですが、新しい知識やスキルを習得することを目指した研修を積極的に行うことが大切です。

歯科医院の中で院長先生がほかのスタッフに指導するだけでなく、外部講師を招いた研修や、ほかの歯科医院スタッフも参加しているセミナーなどには積極的に参加する機会を設けることも必要です。

よい経験を積むことでスタッフのモチベーションアップやスキルアップなどのメリットが得られます。

 

2. 定期的なミーティング

歯科医院のスタッフが離職に至る原因はいろいろありますが、人間関係に疲れて離職するケースも多いのが実情です。

院長先生との関係がうまくいかない場合もありますが、スタッフ同士の仲が悪いとコミュニケーションがとれずに仕事にも支障が出てきます。

患者に迷惑をかけるほど職場の雰囲気が悪くなるのは避けなければいけないので、円滑な人間関係を維持できる環境作りを目指すことも大切です。

そのために必要なのが定期的なミーティングを行い、問題点を提案しながら改善策をスタッフ全員で考える場を設けることです。

院長先生が目指している歯科医院の方向性をしっかり示し、スタッフに理解を求めながら一緒によい歯科医院作りを実現できる環境を整えましょう。

 

3. モチベーションアップ

日本歯科衛生士会が行った「歯科衛生士の勤務実態調査(平成27年)」によると、現在の職場に改善して欲しいこととして挙げられているのが待遇の改善や、専門性・資格などの評価が上位に入っており、歯科医院のスタッフがモチベーションの維持を求めていることがわかります。

待遇を改善する方法としては、単純に給与や賞与をアップするとよいわけではありません。

定期的に人事評価を行い、積極的に仕事に取り組んでくれたスタッフに対してはよい評価を出して給与や賞与に反映するようにすると、スタッフも一所懸命仕事に取り組む意欲を持ってくれます。

人事評価でチェックしている項目をあらかじめ提示しておくと、スタッフは仕事だけでなく患者に対する対応力も変わってきますし、自分の技術力を高めようと努力する姿勢も強くなり、職場内の雰囲気も改善されるきっかけとなるでしょう。

 

ポイントを抑えたスタッフ教育でよりよい歯科医院作りを!

よりよい歯科医院作りのためには、弊社で提供させていただいているホームページ作成だけでなく、気持ちよく働ける環境作りを目指すことが大切です。

優秀なスタッフへと育ってもらうためには、患者への対応力を高めることや、技術力を高めること、専門的な医療機器の取り扱いに早く慣れてもらうことなどを視野に入れた教育を行うことがおすすめです。

 

せっかく育てたスタッフがすぐに辞めることがないように、スタッフ研修を行ってモチベーションアップやスキルアップにつなげることや、定期的なミーティングで歯科医院の問題点を改善する場を設けること、適切な人事評価でモチベーション維持を図るなどの取り組みも必要です。

優秀なスタッフが多く在籍する歯科医院作りを目指して、できることから少しずつはじめてみてはいかがでしょうか。