BLOG

歯科WEB集患ブログ

自医院のHPは何点!? 無料のサイト分析ツール「Nibbler」で評価しよう!

インバウンドマーケティングアクセスアップアクセス解析

140 ビュー

 

自医院のホームページが「本当に良いホームページなのか?」という判断はなかなかつけ辛いですよね。分析ツールを導入したりWEBコンサルティング会社に頼めば、分析や評価が可能ですが、そこそこの手間とコストがかかります。
そこで今回は、無料でありながらも多様な切り口でWEBサイトの分析を行ってくれる”Nibbler”(ニブラー)という分析ツールをご紹介します。
Nibblerの魅力は無料で高機能であることに加えて、手軽に分析ができるというところです。また他社の気になるサイトも同じように分析できるので、自医院との比較も簡単に行えます。実際の事例を利用してご紹介しますので、ぜひ参考にして、さまざまなサイトを分析してみてください。

分析はHPのURLを入力するだけの簡単操作

分析といってもやり方はとても簡単です。Nibblerのサイトに行き分析したいホームページのURLを入力するだけ。大抵は数分程度で分析が完了します。試しにいくつかのサイトをテストしてみましたが、いずれも5分以内で完了しました。

20150924

http://nibbler.silktide.com/

中央のボックスにテストしたいサイトのURLを入力し、Testボタンを押すだけ。

今回は、サンプルとして「横浜 歯科」でGoogle検索して1位表示(広告除く、執筆時点)された「神奈川歯科大学付属横浜クリニック」のサイトを使わせていただきます。特に他意はありませんが1位表示されるということは、それなりのSEO対策を講じておられるのではないか、という推測に基づいています。

問題点がクリアにわかるカテゴリー別の分析結果

分析結果は以下の通りです。

20150924_2

Testボタンを押してしばらく待つと上記のような画面になります。
左側は、総合的な評価とカテゴリー毎の評価です。

・Overall

このサイトの総合評価です。サンプルでは5.5ポイントになっています。まずまずの評価と言ったこところでしょうか。

・Accessibility

どの程度使いやすさに配慮されているかの評価です。6.4ポイントと高評価です。
“See contributing tests”をクリックすると具体的な評価項目が表示されます。

20150924_3

ページヘッダー(Headings)やページタイトル(Page titles)の付け方は良いようですが、モバイル対応(Mobile)が3.0ポイントとなっており、少し弱いようですね。

・Experience

心地よいユーザー体験を提供しているかどうかの評価です。3.8ポイントと少し評価が低いようです。

200150924_4

詳細を見てみると、FacebookやGoogle+、TwitterなどのSNSの運用をあまり行っていないので評価が下がっているようです。また印刷のしやすさ(Printability)や人気(Popularity)の評価も低くなっており、モバイル対応度(Mobile)の評価もあまり良くありません。反対に適切に画像が使用されていたり(Images)、情報の更新頻度(Freshness)は評価されているようです。

・Marketing

このサイトの人気の度合いです。3.9ポイントと、こちらも評価が低めです。詳細を見てみると…

200150924_5

やはりSNSでの話題性に乏しいようで、そちらの評価が足を引っ張っているようです。また人気度の評価もあまり高くありません。変わって先にも出てきた、ヘッダーやページタイトル、更新頻度は高評価で、他のサイトからの被リンク(Incoming Links)も多いようです。

・Technology

このサイトを技術的な面から評価した結果です。こちらは5.2ポイントと比較的高評価です。

200150924_6

主に技術的な項目ですので詳細は割愛させていただきますが、Meta tagsやURL format、Code qualityはサイトを記述する際のお作法的なもの、Sarver behaviorはホームページが設置してあるサーバーの挙動に関すること、Internal Linksはサイト内でのリンクが適切かどうかの評価です。

具体的な改善提案までしてくれる

ここまでカテゴリーごとの評価と、その具体的な評価項目に関して見てきました。
右側には、それぞれの評価項目が評点の悪い順に並べられています。SNS関連の評価が良くないのでそれらが上部にありますが、気になるのはモバイル対応です。その項目をクリックするとこちらも詳細が表示されますので見てみましょう。

「スマートフォンやタブレットでの表示に適正化されていない」との判断をされているようで、評価が下がっています。モバイルでの表示をチェックして手を打つべきだ、との提案もしてくれています。

まとめ

いかがだったでしょうか。評価基準が分かりにくい部分があったり、評価がSNSを重視しすぎなのではという懸念はありますが、ホームページのどこが良くてどこが悪いのか、の全体像が簡単に分かるというメリットは大きいですね。
一度このNibblerで解析して、評価が低かったりまたは気になる点を他の方法で深掘りしてみる、というのが正しい使い方なのではと思います。まずはともあれ自医院やその他の気になるサイトのテストをしてみてください。今まで気付かなかったことに気づかされるかもしれません。