BLOG

歯科WEB集患ブログ

集患サイトの検索キーワード対策で押さえるべき2つの基本事項

インバウンドアクセスアップ

182 ビュー

ネットで医院を検索するのが当たり前のいま、ホームページからの集患をされている歯科医院も急増しています。そんな中で「SEO(検索エンジン最適化)対策には検索キーワードが重要」ということはイメージできる方も多いと思いますが、どんなキーワードを選べばよいかまでしっかりと理解している方は少ないのではないでしょうか。
SEO対策の検索キーワードといえば、一番に「地域名+歯科」が思い浮かびますが、これだけでは十分ではなく集患にはつながりにくいのが現状です。歯科医院にとって適切なキーワード選択とはどのようなものか、その基本をご紹介したいと思います。

 

検索キーワードは医院の特徴と患者さんの行動心理をふまえて決める

キーワードを考えるときに重要なのは、検索するユーザーの行動心理を考えることです。
では、実際に患者さんがどのようにして歯科医院を検索し選ぶのかをシミュレーションしてみましょう。ご自身の歯科医院に当てはめて想像してみてください。

■「地域名+歯科」で検索

一番多いのが患者さんが通いたいと思っている「地域名」+「歯科」での検索でしょう。

たとえば、「港区+歯科」で検索してみます。

かなり広範囲の検索結果となりました。
01歯科

■「最寄駅名+歯科」で検策

もう少し絞り「新橋駅+歯科」とします。

かなり絞られました。

上位3つか4つほどをクリックして見てみます。どこもきれいで良さそうに見えます。

 

歯科02 

 

 

 

 

■「最寄駅名+歯科+特徴」で検策

そこからどう選んでよいか迷い、痛くないところにしたいと考えて今度は「新橋駅+歯科+無痛」で検索してみました。

どうやら、目的の歯科医院が絞られてきました。

 

歯科03
そこからいくつかをじっくり見て、最終的に駅から5分ほどの比較的遅い時間まで開いている医院を選びました。

さて、ご自身の医院の場合はどうだったでしょうか。「地域名+歯科」「最寄駅名+歯科」の検索で、上位3位までに入っていたでしょうか? Googleの検索結果のクリック率を1位から3位で比較してみると、1位と4位では4倍ほどの差があり、5位以下はほぼ横ばいといった結果を示すことが多いのです。つまり、少なくとも上位3位までに入っていなければ大きな効果は望めないというこということです。

では、最後の「最寄駅名+歯科+治療の特徴」ではどうでしょうか? 「無痛」のところを「歯周病」「インプラント」「抜かない」「小児」「日曜診察」など、自分の医院の特徴や強みに置き換えてみてください。「うちはインプラントが強いはずなのに、表示されない」という方、SEO対策はされていますか? また、そもそも、「特徴とは? うちは一般歯科もインプラントも美容歯科も手広くやっていますよ」という方はいらっしゃいませんか? 歯科医院の場合、選ぶ側からしてみれば手広くやってることは必ずしもメリットだとは限りません。

 

 

基本対策1:「ロングテールワード」で検索上位を目指す

検索サイトにおいて検索件数が圧倒的に多い言葉を「ビッグワード」と呼びます。歯科医院の検索であれば、「歯科」などはその代表例です。先のシミュレーションでもわかるように、ビッグワード+地域名は検索件数も多いのですが、その分ライバルも多く検索結果の上位表示を狙うのは非常に難しいと言えます。

それに対して「ロングテールワード」は、検索の意図が明確な具体的な言葉で、検索件数こそ少ないのですが確実に一定のニーズがあり、検索され続けている言葉です。上記で例に出した「無痛」や「歯周病」「インプラント」「抜かない」「小児」「日曜診療」などがこれにあたります。

「ビッグワード」で検索上位を狙うことから始まったSEO対策のトレンドは劇的な速さで変化をとげ、いまや「ロングテールワード」を狙うことさえも常識となりつつあります。そのためには、自分の医院の特徴や強みを明確にして、キーワードとして強く打ち出してゆく必要があるのです。

 

基本対策2:重要な検索キーワードである地域名や最寄駅名を押さえる

冒頭でもご紹介したとおり「地域名+歯科」という組合せだけでは集患にはつながりません。しかし、医院のある場所に患者さんに来ていただき治療をするという病院の特性上、地域名は必ず押さえておかなくてはいけない非常に重要なキーワードでもあります。

医院のある場所を示すキーワードをサイト内に入れることは、じつはさして難しい話ではありません。ホーム画面に医院の住所を入れる、医院名の周囲に○○駅から徒歩○分と入れることによってキーワードとして機能するのです。試しに、「地域名+歯科」で検索して上位に上がってくる歯科医院のサイトを見てみてください。必ず、地域名、最寄り駅名のキーワード対策が施してあるかと思います。そのうえで専門性のある治療や医院の特徴がはっきりと打ち出されているのが見て取れるはずです。

さて、ご自身の医院のキーワード対策はどのレベルにあるでしょうか。ここで紹介したキーワード対策はいわば「基本のき」。まだまだやることはたくさんありますが、ホームページはあるのに集患につながらないとお悩みの方は、まずはチェックをしてみてください。

 

今回のまとめ

  1. 検索キーワードは患者が歯科医院をWEBで検索する際の行動心理に基づいて考える。
  2. 医院の特徴や強みを表したロングテールワードを選定する。
  3. 重要なキーワードである地域名や最寄り駅名はサイトのホーム画面に必ず入れる。