BLOG

歯科WEB集患ブログ

バレンタインデーのイベントを男性患者さんへの自費治療営業チャンスに

コンテンツ医院運営

79 ビュー

歳時記や行事に合わせて院内イベントを行っておられる歯科医院は多いと思いますが、院内イベントにかけた手間と時間を、きっちりと顧客育成や営業成果として刈り取りできているでしょうか。やるからには患者さんも喜ぶ、医院も潤う、スタッフにも達成感がある“win-win-win”の成果を出したいものですよね。そこで今回は、今年のバレンタインデーを男性をターゲットにした自費診療の営業チャンスにする取り組みのご提案です。

8割の女性が恋人の歯が汚いのはNG! 中には「今すぐ別れる」派も!

まずは、女性に比べると感度の低い男性の「デンタルケアに対する意識」をアップさせるための話題から見てみましょう。
2013年に行われた〔異性の「歯」が恋愛に与える影響の調査〕では、デンタルケアに無頓着な男性に手厳しい結果が出ています。

「恋人の歯が汚かったらどう思いますか?」という質問に対して、300人の女性が以下のように回答しています。

  • 清潔にしてもらえるよう働きかける 83.3%
  • 歯が汚くても愛は変わらない 9.7%
  • 今すぐ別れる 4.0%

0128_ 01

グラフ引用元:http://news.mynavi.jp/articles/2013/06/03/hamigaki/

また、「初対面の異性の顔で案外気になるのはどんな時?」という質問に対しては、約半数の44.7%もの女性が「歯が汚れている場合」をあげています。

数字だけだといまいちピンとこないかもしれませんが、実際のコメントを拾ってみると結構なインパクトがあります。

  • 「歯が真っ茶色な男性から告白されました。最初は告白されてまんざらでもなかったのですが、笑ったときにチラッと見えた黄色い歯にビックリ!『この歯とキスなんて出来ないっ!!』と、生理的に無理だと感じてお断りしました」(28歳/金融・証券)
  • 「少しの間付き合った人の歯が黄ばんでいて息がくさかった。理由はそれだけじゃないけど、それをきっかけに気持ちが離れていった」(29歳/情報・IT)
  • 「タバコを吸っている彼の口臭が嫌で、キスしたくなくなった」(28歳/団体・公益法人・官公庁)
  • 「ヘビースモーカーの男性上司と話をするとき、いつも気になる」(28歳/情報・IT)

実際に言われないまでも、大切なパートナーや友人・知人からこんなことを思われるのはツライですよね。そうならないために、歯科医院からは男性患者さんへ次のような提案ができそうです。

  • 「歯のクリーニングから始めるのはいかがでしょうか?」
    簡単なクリーニングをするだけで、口臭の原因にもなる歯垢を除去、同じく口臭の原因になる歯周病を予防・改善するのに役立ちます。
  • 「喫煙で黄ばんだり黒くなったりした歯はメンズホワイトニングで輝く白に!」
    タバコやワインなどが原因の着色はホワイトニングで白さを取り戻すことができます。ホワイトニングには歯科医院での施術と自宅で行う方法とがあります。

「デキる男は歯が命」。米国では歯がキレイなことは出世の必須条件

次に、インビザラインの拡大と共に自費治療の注目株となってきた歯列矯正の営業のヒントです。
「デキる男は歯が命」。この命題はあながち大げさな話ではありません。最近は日本人の勤勉で温和な性質が海外で高く評価されることも多いのですが、極めて評価が低いのが日本人の「歯並びの悪さと、そのことに無頓着なところ」です。

日本に住む外国人100名を対象に行った〔日本人の歯並びに関する意識調査〕では、76%と多くの外国人が、日本人は歯並びが悪いと感じています。
この調査でわかるのは、日本人の歯並びの悪さは「歯列矯正」に対するネガティブイメージの強さと抵抗感が関係しているということです。
歯列矯正治療に対して米国で76.0%、中国で63.5%もの人が「歯並びが良くなって、うれしい」というイメージを抱いているのに対して、日本の63.0%もの人が「装置による不自由で、つらい」と感じています。
つまり、日本では歯並びが良いことへの価値観が低いのですね。

自己管理能力や見た目の良さが重視される米国においてビジネスパーソンが出世するための5つの条件は「肥満でない、喫煙者でない、容姿が良い、身長が高い、歯(並び)がキレイ」だと言われています。
ハリウッド映画が大好きな米国ならではのわかりやすい価値感ですね(笑)。ちなみに米国では歯並びの悪い子供に歯列矯正をしないのは虐待にあたるとすら言われています。
「虐待」というのは極端かもしれませんが、小さな頃から習い事やお受験に相当額の費用を投じる現代日本の子育てを考えると、「一生ものの健康と出世や結婚」に大いに関る「歯並び」について無頓着なのはいかにもアンバランス。私たち日本人は、そろそろこうした価値感を変える必要がありそうです。

歯科医院としてはの男性(子供から大人まで)に、次のような提案ができるのではないでしょうか。

  • 「デキる男は歯が命! 世界で活躍する国際人を目指して歯列矯正をしてみませんか?」
    海外において「歯並びがキレイ」であることは出世や信用の基本です。歯列矯正は大人になるほどに時間も費用もかかりますので、歯が動きやすい子供の頃から始めるのがおすすめです。
  • 「学生さん、社会人の方向け、目立たない歯列矯正があるのをご存知ですか!?」
    歯列矯正にポジティブなイメージをもっている海外では「歯列矯正の器具が恥ずかしい」という意識は日本よりも薄いのですが、やはり「気になる」「知られたくない」「目立たないようにしたい」という思いがあるのも事実です。そんな方におすすめなのが、こちらの方法です。
    ※舌側矯正/ブラケットや、マウスピース矯正/インビザラインなど、各歯科医院で対応可能な目立たない歯列矯正を提案

こうしてみると、男性向けの営業ツールも各医院の独自性に沿っていろいろ考えられそうです。せっかくの営業ですので、興味がある人が試しやすいように割引や特典をつけてあげるのがいいでしょう。
「メンズデンタルケアの重要性」についての情報+おすすめ自費治療のセットで売り込んでみてください。ネタはこの記事を参考に探すのもいいですし、この記事を抜粋してそのまま使ってもらっても構いませんよ。

プレゼントは歯科医院らしくキシリトール100%チョコレートで!

では、最後に主役のチョコレートについて。すでに院内で販売されているところもあるかと思いますが、歯科医院向けにキシリトール100%のチョコレートが販売されていますので、話題にもなりますし、おすすめです。

0128_02

個包装になっているものをいくつか自前のラッピングで包むのはどうでしょうか。ラッピングは女性スタッフにがんばってもらいましょう。誰でも簡単にできるラッピング方法をまとめて紹介してくれるこんな記事がありますので、参考にしてみてください。
【バレンタイン】シンプルだけど可愛い義理チョコラッピング集

チョコレートと一緒に、男性向けの自費治療メニュー(割引特典つき)のリーフレットを入れておく(またはお渡しする)とよいでしょう。もちろん、男のお子さんにお渡しするときは、お母さんに営業をかけることになりますので、「割引得点がついているので、見てみてくださいね!」などとお声がけするのをお忘れなく。