BLOG

歯科WEB集患ブログ

集患を成功に導くブログ作成 5つのポイント

コンテンツ

116 ビュー

前回、「集患サイトでなぜブログ? 書き続けることで生まれる4つの効果」として、歯科医のホームページでブログを更新することで期待できる効果をまとめました。今回はそれに続き、ブログを成功させるために最初に考えておくべき5つのポイントについて書いていきます。

これからブログを始められる方だけでなく、ブログを始めてはいるけれどうまくいっていない方や、過去に書いていたけれど今は放置しているというという方も、これを読んで、継続できるブログの仕組みについて改めて考えていただければと思います。

1.何のためにブログを書くのかを考える

まず始めに、何のためにブログを書くのかを考えましょう。ブログの目的を明確に設定することで、書くことそのものが目的になってしまうことを防ぐことができます。さらに、具体的な効果の評価基準を設定することで、計画(plan)、実行(do)、評価(check)、改善(act)というPDCAサイクルをうまく回すことができるのです。

例えば、「患者さんとのコミュニケーションの場を築く」という大まかな目的でも、ネタや言葉の選び方の基準が決まり、一貫性のある記事になります。さらに、より具体的な目標を設定し、目で見てわかる成果の指標を設定する必要があります。仮に目標を「ブログからリピーターの予約を獲得する」と設定した場合、指標としてブログページの直帰率や予約フォームページのランキングなどの数値を指標にすることができるのです。

2.ブログのターゲット設定をする

集患ブログにも、ホームページを作成するときと同じようにターゲット設定が必要です。ターゲット設定はホームページと同じ設定にすることが多いですが、ホームページとは別にブログだけのターゲットを設定することもあります。例えば、ブログでは少し対象を広げたり、ソーシャルメディアと併用し、シェアしてくれるような層に対象を絞るという場合などです。歯科医院の集患ブログの主な対象者は既存患者と、これから来院するかもしれない人であり、その人たちがどのような情報を求めているかを考えることが必要になります。そうして決めたターゲットに合わせてブログの方針を決めるのです。

ブログは気軽に更新できるため、何となく思いついたことを書くだけのものになってしまいがちですが、ブログの目的に合わせて対象を明確に設定することでそれを防ぐことができます。ブログ用のペルソナを作ってみると、よりわかりやすくなります。

3.他のブログと差別化できる特徴を考える

現在、ブログはWEB集客の一環として、多くの企業のサイトで定着しています。歯科医院の中でもブログをWEB集患に活用しているところはたくさんあります。ブログを始めようとしたときに、すでに他の歯科医院に限らず同じようなテーマのブログを運営していることもあるでしょう。それらと差別化できる自分のブログの強みと特徴を考えておくことが大切です。検索エンジンで上位にヒットしている歯科医院のブログを見て、研究するのもいいでしょう。

事例紹介として、ムキムキ歯科医として話題になっているパトリア歯科医院のブログをご紹介します。歯科医でありながら現役のボディビルダーでもある嶋田泰次郎院長はトレーニングやボディビル大会、患者さんとのかかわりなど、普段の生活についてブログで書いておられます。院長の繊細で真摯な治療と筋肉ムキムキの見た目のギャップが反響を呼び、「パトリアブログ」は大人気となっています。

pic003

(パトリア歯科医院「パトリアブログ」http://www.patoria.net/blog/blog01/より掲載)

ご自身の医院でも、他の医院にはない強みをぜひ探してみてはいかがでしょうか。

4.価値のある情報を惜しみなく提供する

ブログを読んでもらうためには、ブログを訪問してきた人にとって役に立つ情報を提供しなければなりません。価値のある情報を無料で提供してしまうのは損だ、と思われるかもしれません。しかし、読む人にとって価値のある情報を提供できなければ、すぐにページから離脱されてしまいます。訪問してきた人が必要としている情報を提供し、満足してもらうことができれば、その人は記事の提供元の医院を信頼してくれます。そして「この歯科医院ならきちんと治療してくれそう」「行ってもいいかもしれない」と思ってもらえたら、治療に来てくれる可能性が高くなるということになります。

5.継続的にネタを見つけられる仕組みを考える

ブログは書いてすぐに結果が出るものではなく、アクセスが伸びなくてもやめずに書き続けることで効果が出てきます。しかし、アクセスが伸びずに諦めてしまうなど、様々な理由でブログを途中でやめてしまう方がいます。実は、そのブログが続かない原因のなかで多いのが、ブログのネタが見つからないというものです。ネタ探しの仕組みを初めに考えておくことでブログが続けやすくなるかもしれません。

例えば次のような方法はいかがでしょうか。

  • スタッフ全体でネタ検討ミーティングを行う
  • 患者さんに、知りたいことがないかヒアリングする
  • 患者さんに、知りたいことがないかヒアリングする

他にも色々な方法が考えられると思います。事前にネタ探しの仕組みを考え、歯科医院内のスタッフみんなでブログを楽しく続けましょう。

参考サイト

パトリア歯科医院「パトリアブログ」

http://www.patoria.net/blog/blog01/

今回のまとめ

  1. ブログの目的と成果の評価基準を明確に設定する。
  2. 誰に向けてブログを書くのかを具体的に考える。
  3. 他のブログと差別化できる自分のブログの強みを考える。
  4. 読者にとって価値のある情報を提供する。
  5. ネタ探しのしくみを作り、ブログを継続する。