BLOG

歯科WEB集患ブログ

ご存知ですか? 検索結果順位を決める検索エンジンの仕組み

アクセスアップアクセス解析

87 ビュー

WEB集客の際に必ず考えるのがSEO(検索エンジン最適化)対策です。SEO対策とは、検索エンジンでサイトが検索上位に表示されるために行う対策のことですが、どのような仕組みで検索エンジンの表示順位が決められているかご存知でしょうか? 今回は、Googleを例にとって、知っているようで意外と知らない検索エンジンの仕組みについてご紹介します。検索エンジンの仕組みを知り、効果的なSEO対策に役立ててはいかがでしょうか。

検索エンジンの役割

そもそも検索エンジンの役割は、ユーザーがもっとも必要としている検索結果を表示することです。もし求めている情報にすぐにたどり着けないような検索エンジンであれば、ユーザーはその検索エンジンを利用しなくなってしまいます。

 

そのため、Googleは検索ユーザーの利便性を第一に考えることを理念して掲げ、ユーザーが必要としている有益な情報を上位に表示する検索エンジンを実現するための工夫を行っています。

 

検索エンジンの仕組み

サイトが作成されてから、検索エンジンが表示順位を決定するまでの過程は大きく分けて以下の3段階に分かれます。

 

1.クローリング:ロボット・プログラムがWEB上を巡回し、WEBページの情報を収集する

 

2.インデクシング:集めたページの情報を登録する

 

3.スコアリング:ページの検索順位を決定する

 

それぞれの段階について具体的に説明してゆきます。

 

1. クローリング

WEB上にはクローラーというロボット・プログラムが巡回していて、WEBページの情報を収集しています。このロボット・プログラムはページに設定されたリンクをたどり、ページを移動します

 

クローラーがサイトに回ってこなければサイトは検索結果に表示されないため、クローラーが回りやすいサイトの構造にしておくことが必要となります。また、きちんと整備された回りやすいページにはクローラーは何度もやってくるため、よりページが正確に評価されます。

 

Googleからは「WEBマスターツール」が無料で提供されており、自分のサイトをクローラーに知らせるためのページ情報の登録や、クローラーがどれくらいクローリングしてきているかを知ることができます。

 

2. インデクシング

次に、クローラーが集めてきたページの情報をインデクサというプログラムが登録(インデックス)します。この登録された情報を元にランキングするため、サイトのページを検索エンジンが読みやすいように整理しておかなければいけません。

 

自分のホームページのURLに「site:」をつけて検索すると、Googleにインデクシングされているかどうか調べることができます。例えば当サイトのURLに「site:」をつけて検索すると、以下のようになります。

Screenshot_1

もしインデクシングされてないページが多ければ、検索エンジンがインデックスしやすいようにページの構成を見直す必要があります。

 

3. スコアリング

最後に、このスコアリングという段階で検索順位が決定されます。スコアリング・プログラムというプログラムが、キーワードとコンテンツの関連性をはじめとした200以上の要素を総合的に判断し、インデックスされたページのデータの順位付けを行います。この順位を決定する要素のことをアルゴリズムといい、Googleは日々このアルゴリズムを更新し、より良い検索エンジンの開発に取り組んでいます。

 

検索エンジンの仕組みから考えるSEO対策

以上、検索エンジンの役割と仕組みについて簡単にご説明しました。ここからわかることは、Googleは良質なコンテンツを評価し、検索ユーザーにとってもっとも役に立つ情報を上位に表示するように意図しているということです。そしてそのアルゴリズムは頻繁に更新されるため、その内容を知ることは難しいといえます。

 

また、Googleはガイドライン(ルール)に違反していると思われるWEBページにペナルティを課すことがあります。ガイドライン違反の内容例として、自作自演の不自然なリンクやコンテンツ内への過度のキーワードの詰め込みなどがあげられます。これらのSEO対策がガイドライン違反であると判断されると、ペナルティとして検索順位を下げられたり、検索結果から外されたりしてしまうのです。

 

ペナルティを受けてしまうような対策ではなく、まずクローラーが巡回しやすく、また読み取りやすいようにWEBページの構成を整理することが重要です。そして同時にユーザーが必要とする良質なコンテンツを増やし、自然なリンクを獲得していくことが検索順位の上昇につながります。つまり、検索エンジンの仕組みとユーザーのニーズの両方を意識したSEO対策を行うことがもっとも有効なのです。

 

今回のまとめ

  1. 検索エンジンは「クローリング」、「インデクシング」、「スコアリング」の3つの段階から成り立つ。
  2. クローリング:ロボット・プログラムがWEB上を巡回し、WEBページの情報を収集する
  3. インデクシング:集めたページの情報を登録する
  4. スコアリング:ページの検索順位を決定する
  5. 表示順位を決めるアルゴリズムは頻繁に更新されるため、内容を知ることは難しい。
  6. 作為的なSEO対策はGoogleからペナルティを受けてしまうことがある。
  7. 検索エンジンの仕組みとユーザーのニーズの両方を意識し、サイトの構成を整理し、良質なコンテンツを増やすことが一番のSEO対策になる。

<参考サイト>

Googleの理念

http://www.google.co.jp/intl/ja/about/company/philosophy/